シルバーアクセサリーの様々な作り方について


カジュアルな服装にもぴったりで様々なシーンで身につけられるシルバーアクセサリー。このシルバーアクセサリーは自分で作ることもできます。

シルバーアクセサリーはどんな風に作るの方と言えば、『彫金』『ロストワックス』『シルバークレイ』という三種類の方法があります。

『彫金』は銀の棒状や板状、パイプ状、ワイヤー状の地金を道具を使用して叩いたり、彫ったりして加工し手作る方法です。

『ロストワックス』はワックスという蝋を用いて、切る、削るという作業をして原型を作っていく方法です。その原型から型をとって溶けた金属を流し込んで作る方法です。

『シルバークレイ』は粘土タイプ、ペーストタイプ、ペーパータイプ、シリンジタイプの銀粘土という素材を使って造形して作る方法です。

難易度でいえば、一番難易度が高いのは『彫金』です。固い地金を使用するので大変難しく、更に地金を熱する、叩く為の道具が必要となるので、習得すれば素晴らしいシルバーアクセサリーを作ることができますが特別なテクニックが必要となります。

シルバーアクセサリー辞典

シルバーアクセサリーの作り方やデザインの考え方など説明いたします。

新着情報

コメントは受け付けていません。